神戸牛の焼肉なら三宮の神源へ!神戸でおすすめの一頭買いの神戸牛を一度ご賞味ください

営業日カレンダー

■は定休日となっております。

営業時間

[平日]
昼 11:30~14:30[LO 14:00]
夜 17:00~23:00[LO 22:00]
[土・日・祝日]
昼 11:30~15:00[LO 15:00]
夜 17:00~22:30[LO 21:30]
TEL:078-230-2918
FAX:078-230-2928
MAIL:info@shin-gen.com

焼肉工房 西神飯店

神戸牛のお肉屋さん松田屋

神戸牛・但馬牛の安全は確認されています。

東北・関東地域からの稲わら等の流通・使用等に関する調査について、近畿農政局の調査の結果、同地域からの稲わら等の流通や使用は無かったことを確認しております。
西神飯店・神源では、安心安全をモットーに神戸牛品評会で優秀なる神戸牛受賞牛を丸ごと一頭買いしておりますので、安心して神源・西神飯店で最高級神戸牛をお召し上がりください。

神戸牛への拘り

神戸牛とは、兵庫県産の黒毛和種として血統の純粋を永年に亘って保ち続ける「但馬牛」の中でも最高品質の牛だけに許される称号です。
この称号を得るには兵庫県産但馬牛の子牛を県内の熟練した飼育農家で大切に飼育され同じく県内の指定された食肉市場で処理された格付A4/BMS No6以上の但馬牛でなければなりません。
この厳しい規定をクリアした但馬牛のみが神戸牛になりえるのです。

世界に誇る「神戸牛」(神戸肉とは)

神戸ビーフは世界一のブランド牛として、世界中の舌を魅了し続け世界一の名牛であります。
私みずから神戸市西部市場(兵庫県最大の神戸牛のせり市)に出向き出展された最優秀神戸牛(チャンピオン神戸牛)や優秀なる受賞神戸牛を中心とした最高級神戸牛だけを、直接一頭買い(仕入れ)することで、肉の流通卸業者を通すことなく他店では真似のできないリーズナブルな価格を可能にいたしました。
品質に関してもせりに出展された神戸牛を、ひとつひとつ丹念に見てまわり、霜降りのきめの細かさや脂の乗り具合、香り、風味、そして、肥育農家の育て方など、神戸ビーフ受賞牛の中で『本当においしい神戸牛』を見極める厳しい眼で、最高級神戸牛だけを仕入れております。
神源でしか味わえない最高級神戸牛をご堪能ください。

選ばれし但馬牛のみの称号「神戸牛」

神戸牛になるには兵庫県で生まれた但馬牛の血統であり神戸肉流通推進協議会の登録農家によって、兵庫県内の牛舎で肥育した未経産牛・去勢牛であることを前提とし

・霜降りの割り合いである「BMS」が6以上の肉質のもの・赤身の割り合い(歩留等級)がA・B等級・枝肉重量が470kg以下である

この3つの条件をクリアした但馬牛のみが、「神戸ビーフ」の称号を与えられ「神戸肉之証」が交付されます。

当店では、神戸牛品評会で優秀賞以上を受賞したもの(BMSの値9~12に限定)をオーナー自身が一頭買い(枝肉)で競り落としています。

神戸牛への情熱 about kobe beef

最高で本物の神戸牛を神戸の地で食して欲しい。これが神源の想いです。
神戸の中だけをとらえても100%神戸牛取り扱い店は他に類をみません。
神戸の宝の味を、どうぞ皆様の舌で確かめて下さい。

最高で本物の神戸牛を神戸の地で食して欲しい。これが神源の想いです

神戸牛(神戸肉)の肉質は、細かくて柔らかく、美しい細かな霜降りが特徴です。
脂肪の質も極上で融点が低いので指でさわっただけでとけるくらい繊維の細やかさ、さし(赤身と脂の混じり具合)の入り方、舌ざわりも味も、他県のものとは全然違います。

当店では、神戸牛品評会で優秀賞以上を受賞したものをオーナー自身が一頭買(枝肉)で競り落としています。 部分ごとに仕入れると、良いお肉を確保することが難しくなり、余計な経費もかかってしまいます。

そこで、牛を一頭まるまる仕入れ、どの部分も余すことなく利用することで、どこよりもお安い価格で最上級の神戸牛(神戸肉)をご提供できるのです。 一頭の神戸牛を無駄にすることなく使い切るには、血のにじむような努力と、技術が必要です。 神源は常にコスト管理を行い、最高級へのこだわりに一切妥協はいたしません。

神戸の中だけをとらえても100%神戸牛取り扱い店は他に類をみません。 神戸の宝の味を、どうぞ皆様の舌で確かめて下さい。

三位一体 実現不可能といわれたプロジェクト

神源がご提供する神戸牛は、肥育農家・卸業者・神源が研究に研究を重ね、三位一体となって生み出した、独自のシステムです。真似などできないこのシステムだから出来る最高の味のご提供も情熱のひとつです。

肥育農家・卸業者・神源 が研究に研究を重ね、三位一体となって生み出した、独自のシステムです

不可能といわれたこのシステム。これには並々ならぬ各者の努力がありました。本当に素晴らしい神戸牛は、この神戸の地でさえも、なかなか手に入らないのが現状だった。「神戸の地で、一番美味しい最高級神戸牛を味わってもらうには・・・」をテーマに多くの人々が研究に研究を重ね生まれた独自のシステムで、この味・そしてこの価格が実現いたしました。この私達の物語の主人公である下記の人々をご紹介します。

■市場(卸業者
信頼できる契約農家とし連携をとり、肥育から販売まで自社一貫流通システムを確立。神戸牛品評会は年に30回ほど開催されており、優秀な神戸牛(神戸肉)をどこよりも多く仕入れ、牧場側の苦労に見合う価格、皆さんに提供する価格、その折り合いをつけるのが卸業者の使命です。

■神源
神源の姉妹店となる西神飯店。多くのお客様の舌を魅了し続けてきたこの店の全面プロデュ-スにより神源は生まれました。「最高級神戸牛を多くの皆様に食してもらいたい。そして神戸の本当の魅力をまたひとつ感じて欲しい。」これが神源と西神飯店の想いです。 神戸・三宮の地に誕生した神源で、西神飯店同様、最高級神戸牛をお楽しみ下さい。

このページのTOPへ戻る